WEBサイトのトラフィック(集客)に関するソリューション

WEBサイトのトラフィック(集客)に関する問題は大きく3つ

WEBサイトのトラフィック(集客)に関する問題は大きく分けると以下の3点となります。
  • オーガニック(無料施策)のトラフィックが少ない
  • リスティング広告のパフォーマンスが悪い
  • SEM以外でのトラフィックの増加

オーガーニック(無料施策)のトラフィックが少ない場合

貴社のWEBサイトへのオーガニック流入は全トラフィックの内、何%程度を占めているでしょうか?一部の高額商材などの場合を除き、基本的にはオーガニック(無料施策)流入が全トラフィックに占める割合は40~50%無いと、広告に集客を依存している状態だと言えます。

このような場合にはSEOやコンテンツマーケティングなど自然検索の流入を増やす検索エンジンマーケティングが有効です。

リスティング広告のパフォーマンスが悪い場合

顧客を獲得するための刈り取り型広告として、絶大な威力を発揮するリスティング広告。

リスティング広告の中でも、ユーザーが検索したキーワードに連動して広告が表示される検索連動型広告については、「検索」という行動が当たり前になった現代では、多くの企業がマーケティング施策の1つとして、利用しています。

しかし、その分競合も多い施策であり、運用力の差が費用対効果に如実に現れます。

現状のパフォーマンスに満足されていない場合は、是非ご相談ください。

検索エンジン以外からの集客が少ない場合

SEOやリスティング広告など一通り検索エンジンからの集客はやり尽くした!

そんな場合には、SNS広告を中心とした他の広告媒体を活用し、トラフィックを伸ばしていくことがおすすめです。

特にSNS広告のメニューは、リスティング広告と同じクリック課金の運用型がほとんどです。

弊社では、貴社のビジネス特性に併せ、各種SNS広告の運用をご提案いたします。

WEBサイトへの集客でお困りの方はこちら